知って楽しい星座の話

知って楽しいさそり座-探し方から神話・宇宙の話まで

10/24~11/22に生まれた方の誕生星座、さそり座。砂漠にいて猛毒を持っているというイメージがありますが、どんな星座なのでしょうか?

夏の代表的な星座の一つで、真っ赤に輝く1等星”アンタレス”が有名です。

ちっち
宮澤賢治の『銀河鉄道の夜』に出てくるよね

このページではそんなさそり座について詳しくご紹介します。

さそり座の見つけ方

すたっち
さそり座は夏の星座のため、夏に探す場合を考えましょう!
10/24~11/22に生まれた人の星座だから、秋の星座じゃないの!?
ちっち
すたっち
違うんです。なぜなのか気になる方は、以下のページを見てみてください。

こちらもCHECK

誕生星座って誕生日に見えないってホント?星占いとの関係は?

そんなに気にならないという方は、さっそく探しましょう!

夏と言えば、7,8,9月でしょう!夜空を眺める時間は8時とします。あんまり早いと空がまだ明るいですからね。

さそり座は7月と8月に南の低い空に見えます。残念ながら9月にはもう低いところに沈んでしまって見ることは難しいです。

南の低い空に真っ赤に輝く明るい星を見つけたら、それがさそり座の心臓の部分に輝く星”アンタレス”です。
時期によっては、近くに火星があるのでとても紛らわしいです。アンタレスは”火星に匹敵するもの”という意味の言葉ですからその紛らわしさには定評があります。

アンタレスと火星を見分ける方法は、ずばり瞬いているかどうかです。星をじーっと見ているとキラキラと瞬いていることが分かるかと思います。地球の大気の影響で星は瞬くんです。
しかし、地球に近い火星はあまり瞬きません。紛らわしい星があったら、じーっと見つめてキラキラしている方を見つけてください。

もっと詳しく夏の星座の探し方を知りたい方は以下のページをご覧ください。

こちらもCHECK

簡単な夏の星座の探し方【街中でも見つけられる有名な星座】

オリオンも恐れる猛毒を持つさそり【神話】

さそり座の絵

星座カード集『ウラニアの鏡』に描かれたさそり座 – Sidney Hall (1788–1831)

毒を持つことで知られるさそりですが、さそり座も例にもれず猛毒を持っています。
その猛毒は、たくましい身体を持つ巨人として知られるオリオンも恐れるほど。そんなさそり座の活躍をご紹介します。

さそり座神話の絵
絵画『アルテミスと死せるオーリーオーン』 – Daniel Seiter (1647–1705)

+登場人物の紹介(クリックで表示)

☆さそり
名もなき一匹のさそり。この件で一躍星座になるほど有名になる。

☆オリオン
森にすむ巨人族の青年。力自慢で狩りの腕が良いことで知られる。

☆ガイア
世界の始まりから存在した女神。大地を司る。

☆アルテミス

狩猟の女神。オリオンと一緒に狩りをした経験もある。

巨人”オリオン”は力が強くとても腕が良い狩人でした。
彼の腕にかかれば、逃げ足の速い鹿も獰猛なライオンも仕留められてしまいます。

「この世で俺に敵うものは居ない!」

調子に乗ったオリオンは、森の動物たちを片っ端から狩り始めてしまいました。

この傍若無人な振る舞いに大地の女神”ガイア”は怒り狂います。
「私が獲物を生み出してやっているのに、なんと思い上がった行動よ!」
怒りが収まらないガイアは、1匹のさそりを呼び「オリオンを刺し殺しなさい」と命じます。

さそりは巨人オリオンの足元にこっそり忍び寄ります。
足元にたどり着き今まさにオリオンの足を刺そうとしたその時、オリオンがさそりの存在に気づきます。

「なんとちっぽけな存在だ。踏みつぶしてくれる」
オリオンはさそりを踏みつぶそうと右足を踏み下ろします。

しかし、さそりはその足を避け、左足に向け尻尾の毒針を突き刺します。
「油断した!」と思った時には時すでに遅く、毒針は深々とオリオンに突き刺さります。

丈夫なことで知られるオリオンですが、さそりの猛毒には敵わずぱたりと倒れ死んでしまいました。

ガイアはこの功績を称え、さそりを空に上げ星座にしました。

また、オリオンに想いを寄せていた狩猟の女神アルテミスはその死を悲しみ、オリオンも星座にしてもらうと頼みました。傍若無人なオリオンですが、腕が良いことは確かなのでこのまま死なすのは惜しく「反省しているのであれば」とついでに星座にしました。

しかし、オリオンはさそりに刺されたことがいまだに忘れられず、さそり座が東の空から顔を出すころには、慌てて西の地平線へ沈んで隠れてしまうのだそうです。

1等星”アンタレス”ってどんな星?

名前の意味

アンタレスの名前の意味には諸説あります。
「火星に対抗するもの」「火星に似たもの」「火星に匹敵するもの」

一番元の意味に近いのは、「火星に匹敵するもの」のようです。
火星と比べて負けず劣らず明るく赤く輝いていることから、この名前が付けられました。

確かにアンタレスは火星と同じように真っ赤に輝いていますが、その赤く輝いている理由は全く違います。

赤く輝く理由

火星が赤く輝いているのは、火星表面が鉄の赤さびに覆われているからです。外に置きっぱなしの自転車なんか赤くなっているかと思いますが、あれが赤さびです。
火星は太陽の光を反射して光っているので、表面の色がそのまま目に見える色になります。

一方で、アンタレスは自ら光り輝く”恒星(こうせい)”です。恒星の色は、その表面温度によって決まります。温度が高い星は青っぽい色、温度が低い星は赤っぽい色になります。

アンタレスは温度が低い星なので、赤く輝いて見えるというわけです。
温度が低いと言っても3000度もありますが、これでも星の中では低温の方です。

おわりに

さそり座について、見つけ方・神話・アンタレスについての3つの観点から紹介しました。

次にあなたが見上げるさそり座が少しでも輝いて見えますように。

参考

深読み!ギリシャ星座神話: 独自の解釈でもっと楽しむ

すたっち
星座の物語を楽しみながら読むことができます!
当時の時代背景で神話と神話のつながりがわかって面白いよ!
ちっち

最後までお読みいただきありがとうございました。この記事はいかがでしたか?

-知って楽しい星座の話
-, ,

© 2020 宇宙の窓をのぞいてみたら