空を見上げてみよう

キャンプで満天の星を見たい!と思ったら準備すること【調べる編】

キャンプといえば満天の星!
日常から離れた空間で空を埋め尽くすような星をながめてみたいと思いませんか?

少しでも見てみたいと思ったあなたが、当日までに準備したほうが良いことをご紹介します!

家族で、恋人と、友人と、あるいは一人でも。
その日見た星空が一生の思い出になりますように。

日程調整をしよう!

キャンプの日程がまだ決まっていない。
あるいはまだ調整することができる方は、まずこれを確認してください!

もう日程が決まってしまっている場合は、「天気予報の確認」から読んでください!

普段は見えない暗い星々

そもそもなぜキャンプに行くと、満天の星が見えるのか。
それは、キャンプ地が人里離れた暗い場所だからです。
(最近はやっている?都会のビルの上でのキャンプの場合は話が違いますが)

街中では、夜空が街の灯りに照らされて明るくなってしまっています。
すると、暗い星々の光は街の灯りに埋もれて見えなくなってしまいます。

一方で、街の灯りがあまりないキャンプ地では、普段は街の灯りに隠れて見えない暗い星たちを見ることができます。そのため、空を覆いつくすほどの星々を見ることができるんです。

まぶしいほどの月明かり

あなたは月のことを「眩しい!」と思ったことがありますか?

普段は街の灯りが眩しくて月のことを眩しいと思うことはなかなかないかと思います。しかし、街灯りが届かない場所から見上げる満天の星の中では、月は唯一桁違いに明るい星です。
満月の夜にキャンプ行くことができたらそのまぶしさに驚くはずです!

では、満月の日を狙ってキャンプに行けば良いのか?というとそうではありません。
月のまぶしさを体験するのは面白いかもしれませんが、そのまぶしさで他の暗い星々を隠してしまうことにもなるんです。

月は街中でも楽しむことができます。せっかくキャンプに行くのであれば、月ではなく暗い星々を楽しみましょう!

月の満ち欠けを確認しよう!【月の有無とその大きさ】

月は、満月からだんだんと欠けていきまっくらな新月になり、そして今度はだんだんと満ちていき満月になるということを繰り返しています。
おおよそ1か月で1サイクルします。

日付と月の満ち欠けは国立天文台のサイトから確認できます。

https://eco.mtk.nao.ac.jp/cgi-bin/koyomi/skymap.cgi

使い方は簡単です!

キャンプ地の設定

まずはキャンプに行こうと思っている場所を設定してみましょう!

キャンプ地(観測場所)の設定方法
観測場所の設定方法
引用:「今日のほしぞら - 国立天文台暦計算室」

左上の設定からキャンプ地を設定できます。

場所によって星の見え方は少し変わります。
しかし、そこまで大きくは変わらないのでおおよその位置で大丈夫です。

日付の設定

続いて、キャンプの日付を設定しましょう!まだ決まっていない方はとりあえずの候補日を設定してください。

日付を進めるボタンで候補日を設定してください。

時間の設定

観測時間の設定方法
観測時間の設定方法
引用:「今日のほしぞら - 国立天文台暦計算室」

時間を進める/戻すボタンで、星を見る時間を設定してください。
いつ見るか決まっていない方は、とりあえず夜8時に設定してみてください。
夏は夜8時ころから少しずつ星が見え始めます。

月が見えるかどうか確認しよう!

① 当日その時間に月が見えるかどうか確認しましょう!
こんな風に月があったら、その日は月が見える日です。

② その日の月の満ち欠けを確認しましょう!
①で月があったとしてもまだ諦めてはいけません。当日の月が細かった場合は、月がそこまで明るくないので月明かりを気にしなくて大丈夫です。

画像のように半月より満ちている場合は、かなりまぶしく感じてしまうと思います。

では、この日は星を見るのに適していないので、違う日に設定した方が良いというわけではありません!

このまま時間を3時間進めてみましょう!

観測時間の月の有無
観測時間の月の有無
引用:「今日のほしぞら - 国立天文台暦計算室」

月が地平線近くの低いところまで沈んでしまいました。
この日の月は夜11時頃には沈んでしまうんです。キャンプの夜は11時くらいまで夜更かしをしませんか?
もし夜更かしをするつもりであれば、この日は月明かりを気にしなくて大丈夫ということです。

こんな感じで、キャンプ日の月の満ち欠けを確認してみましょう!
あなたが星を見たいと思う時間に明るい月が無い日を選ぶと良いと思います。

天気予報を確認しよう!

キャンプ日が近づいたら天気予報を確認しましょう!
いくら月が無くても、雨や曇りだったら星は見えませんからね。

天気予報はこのサイトを参考にすると良いでしょう!
かなり正確に細かくその場所の天気を確認できます。

http://weather-gpv.info/
天気予報の確認
引用: 「GPV 気象予報」

①左上からキャンプ値を設定したら
②雨量・雲量をクリックしてください。

天気予報の確認
天気予報の確認②
引用: 「GPV 気象予報」

①で時刻を変更できます。36時間後までなら詳しい予報を確認することができます。
青色で表されているのは雨の量です。キャンプ地が青くなっていたら、残念ながら当日は雨が降りそうです。
灰色で表されているのは雲の量です。白っぽくなっていると雲が多いということです。
②くらいの濃さであれば、星を見ることができます。
キャンプ地が白っぽい場合は、当日は曇り予報ということです。

さあ、当日の天気はどうでしたか?
あくまで天気”予報”ではありますが、当日の朝雨予報だった場合は、私の経験上星を見ることは諦めた方が良いです。
キャンプで他の楽しみを考えましょう。

曇りだった場合は、まだチャンスがあるかもしれません。
晴れることを祈って、空を見上げましょう!
ずーっと待っていると少しの間だけ雲がなくなって星が見えるなんてことは良くあります。

そして、そんな時は大抵とても盛り上がるものです。
待ち続けて雲間から見える星もまた一生の思い出になることでしょう!

曇っていても晴れることを信じて待ってみても良いでしょう。
しかし、眠い中待ち続けるとストレスも溜まります。あくまで楽しく見ることが目的なので、無理のない範囲で待ちましょう!

それでは、あなたが思い出に残る星空を見ることができるように祈っています。

ここまで読んで、まだもう少し準備をしたいという方は以下のページも読んでみてください。

https://stacchiblog.com/constellation-search

最後までお読みいただきありがとうございました。この記事はいかがでしたか?

-空を見上げてみよう

© 2020 宇宙の窓をのぞいてみたら