空を見上げてみよう

簡単な秋の星座の探し方【街中でも見つけられる有名な星座】

秋は春と並んで過ごしやすい季節です。
外にいても暑すぎず寒すぎないこの季節、星を眺めてみませんか?

ただ眺めるだけでも綺麗な星空ですが、そこで星座を見つけることができたら、、、ちょっと素敵だと思いませんか?

ここでは、明日から使える簡単な星座の探し方をご紹介します!

さっそく探してみよう!

何はともあれ、探してみないことには始まりません
家への帰り道など、ちょっと夜空を見上げてみませんか?

秋の四辺形を見つけよう!

実は秋の星空は、四季の星空の中で一番地味と言われています。

明るい星がほとんどなく、明るい街中で見ようとするとほとんど星が見つけられないなんてこともあります。

そんな秋の夜空ですが、一応目印となる星並びがあります。
秋の四辺形です。ただの長方形ですね。

関東だと11月1日の夜8時ごろに南の空に見つけることができます。

他の場所、他の日時の場合はどうなんだ?
と詳しく知りたい方は、このページをチェックしてみてください!

だいたいで大丈夫という方は、このまま進んでください。

https://stacchiblog.com/stars-motion

見つけることができましたら、あなたはもう秋の星座を見つけたことになります。

秋の四辺形はぺガスス座の体の部分です。
ちなみにペガ"サ"スじゃなくてぺガ"ス"スが正式な名前なので、打ち間違えじゃないですよ。

秋に一つだけある明るい星

秋は明るい星がない地味な星空と言いましたが、実は一つだけ明るい星があるんです。

それがみなみのうお座の"フォーマルハウト"です。

秋の四辺形の右側の二つの星を繋いで低い空に伸ばしていくと、かなり低い空に一つ明るい星を見つけるのがフォーマルハウト。魚の口の部分の星です。

ぺガスス座とくっついたお姫様

今度はぺガスス座の左上の星を見てください。

"アルフェラッツ"という名前の星なんですが、実はぺガスス座の星ではなく、別の星座"アンドロメダ座"の頭の部分の星なんです。

アルフェラッツを頂点にして、細長い三角形を探してみてください。
(あるいは、アルファベットのAみたいな星並び)

それがアンドロメダ座です。

北極星を探そう!

春は北斗七星から北極星を探すことができますが、秋はカシオペア座を使って北極星を探すことができます。

北の空高いところに、Mのような星並びを探してみてください。
それがカシオペアです。

Mの二つの山の頂上をさらに伸ばして、一つの大きな山を作りましょう。
できた山の頂上と、二つの山の谷のところにある星を繋いで、5倍伸ばした先にある星が北極星です。

秋の星たちの中では、比較的明るい星ですね。

おわりに

秋の夜空は明るい星があまりなくて、星座を探すのはちょっと難しいです。

しかし、探そうと思えばいくつか見つけることができるので、是非探してみてくださいね!

さらに、それぞれの星座についてもっと詳しく知りたい人は、こちらのページもご覧ください!

https://stacchiblog.com/category/about-constellation

最後までお読みいただきありがとうございました。この記事はいかがでしたか?

-空を見上げてみよう
-,

© 2020 宇宙の窓をのぞいてみたら